Journal

BS/03

2019.07.18

BS/03
バーンストーマーのチノパンの内側を毎週ひとつ解説していきます。
第三回は尻刳り(しりぐり)お尻の中心の縫い目ですね。
もっとも重要といっていい部分です。
いかに左右対象にするかが鍵になります。
ウエスト部分に近い上の方は4cmほど広くとっています。
これは後にウエストを大きくすることが出来るためですが、この部分を広く二重にするとパリっと綺麗なヒップができます。
逆に股下に向けてカーブがキツくなると変なシワができやすいので縫い代は極力細くしていきます。
ちなみに縫い代の端をパイピングせずロック(糸かがり)のままにしているのには意味があります。
そこはまた今度。